弁護士information

離婚問題や相続問題が起こったら弁護士に依頼する

離婚問題や身内の不幸が起こったら

相模原や小岩には沢山の弁護士事務所や葬儀社があります。離婚問題、相続問題について知らないことがある人は、弁護士に相談するのがおすすめです。また、横浜や大阪などで葬儀社を探している人はどんな種類があるのか、相場がいくらくらいなのか知っておきましょう。意外と知らないお葬式の手順も知っておくといいですね。

離婚の事についていろいろと勉強しよう

スーツの人

離婚の手引き

離婚するときには慰謝料や財産分与など、気になるところがたくさんあるでしょう。慰謝料の問題や財産分与の問題が出てきたら、冷静に話し合うことができるか不安な人もいるかもしれません。そんな不安や疑問を解消しましょう。弁護士に頼むメリットも合わせて知っておくといいですね。

READ MORE

不幸が起きたときのお葬式の依頼手順

お葬式の内容や場所を決める

まずは宗教者への連絡をしましょう。故人の氏名や安置場所を伝えます。仏式なら枕経に来てもらうよう依頼します。その際、戒名や院号に希望があれば伝えておきます。それから喪主の決定を行います。一般的には一番の近親者が務めます。その後、お葬式を行う場所と内容・規模を決定します。個人の遺影となる写真も準備しておきましょう。鮮明に映ったものが適切です。また、内容などが決まり次第、関係者へ連絡をします。場所や規模などは葬儀社と相談して決めてもいいでしょう。

納棺から出棺まで

納棺時には、個人の愛用品を入れてあげるといいでしょう。ものによっては一緒に入れられない場合があるので、葬儀社に確認しましょう。通夜では独経と焼香を行います。本来は故人を偲び、思い出話をしながら一晩中線香のお守りをするのですが、近年は読経に合わせ焼香するのが一般的です。焼香後はお葬式の準備をしましょう。弔電の整理や焼香の順番を決め、精進落としの数も確認しておきます。告別式が済んだら、最後のお別れとなり出棺されます。

火葬から初七日

火葬場にて最後の対面が行われます。喪主は参列者へお礼の挨拶をし、精進落としを行います。火葬が終わったら次はお骨上げです。お骨上げの作法やお骨を入れるお骨箱については、地域の風習などによっても異なります。また、お骨の一部を別の墓に入れることも可能ですが、分骨証明などが必要なので事前に相談するといいでしょう。亡くなってから7日目には初七日法要が行われますが、最近ではお葬式の際に行われるのも一般的になっています。

葬儀の手順と相続問題

男性たち

お葬式の種類と相場

お葬式にはいくつかの種類があり、お世話になった人や友達も呼ぶのか、家族だけで小さく行いたいのかによって決めるといいでしょう。料金は一般的な葬式であれば40万円程度~、家族葬であれば20万円弱~、社葬など大規模で行うのであれば数百万円かかります。柏原では葬儀社にもよりますが、分割払いが可能なので相談してみるといいでしょう。また、頭金や連帯保証人が不要で分割を組むこともできる場合があり、急に大金を準備できない人も心配する必要がないですね。

相続問題が起こったら

相続問題では、遺産分割の割合だけでなく、亡くなった後に多額の借金が判明し家族が困っている、ということがよくあります。そのような場合は自分たちだけで解決しようとせず、弁護士に依頼するといいでしょう。話しあいが上手くいかなければ、この問題によって家族の仲が壊れてしまうかもしれません。また、前もって遺言書を作成しておくとトラブルを回避できていいですね。どうやって書いたらいいか分からない、法的に効果があるかわからない、など不安な時にも依頼できるので心配はいりません。

[PR]

離婚は弁護士に相談★
今なら無料になっています。 家族葬は柏原のスタッフへ!
少人数で葬儀が可能★ 相模原で相続対策を♪
身近に起きているトラブルを早期解決! 不倫・離婚の体験談をいくつの紹介!
夫婦円満でいる方法が載ってる☆

[PR]

広告募集中